開発構法 RC

HOME ≫ 開発構法(RC構造) ≫

基礎精度向上

工業化技術において、高精度の工場生産部品を現地施工の基礎に固定するとき、基礎の高精度が求められます。

アンカー位置高精度化

水糸照準器


水糸の交差直下を正確に目視でき、容易に位置決めや位置調整および検査ができる照準器です。
詳細ページはこちら・・・☞

型枠工業化

RC構造施工における埋設型枠工法を、工業化技術で合理化したシステムにより高品質・短工期にします。

布基礎の型枠システム

作成中

布基礎のプレハブ型枠


プレハブ埋設型枠とプレハブ鉄筋により布基礎を高精度、短工期で施工します。
・・・詳細ページ構築中・・・

高橋脚の型枠システム

作成中

高橋脚のプレハブ型枠


プレハブ埋設型枠とプレハブ鉄筋籠により高橋脚を高精度、短工期で施工します。
・・・詳細ページ構築中・・・

H形鋼主筋継手

RC造の主筋を従来の鉄筋より大断面積のH形鋼にするとき、外周に突起がないフラットな継手を、少ないボルトで母材同等強度になる継手です。

H形鋼主筋フラット継手(ボルト剪断接合)

作成中

フラット差込継手

 

フランジにPLを溶接し、ウエッブ側からボルト剪断接合して、母材同等の強度になります。
・・・詳細ページ構築中・・・

H形鋼主筋フラット継手(高力ボルト摩擦接合)

作成中

フラット継手PL

 

フランジにPLを溶接し、ウエッブ側から高力ボルト摩擦接合して、母材同等の強度になります。
・・・詳細ページ構築中・・・

構法開発 株式会社

〒130-0013
東京都墨田区錦糸
1丁目10番18-403号
お問い合わせはこちら

モバイルサイト

構法開発株式会社スマホサイトQRコード

構法開発株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!