フラット鋼管柱継手

HOME ≫ フラット鋼管柱継手 ≫

フラット鋼管柱継手

鉄骨構造の柱継手において、角形鋼管や円形鋼管など閉鎖型鋼管柱は外周から接合施工する必要があるので一般的には現地溶接で接合しているので、溶接職人や検査員の確保や、作業環境への対応(天候対応)などが課題でした。
外側から一般的な高力ボルトで施工して外周に突起のないフラットな鋼管継手により高品質、短工期および人手不足解消になります。

構造計画

建築基準法施行令67条2項において国交省大臣が定めた建告1464に規定する構造方法を用いて建築学会「鋼構造接合部設計指針」に従って構造計算し、公的試験機関の性能試験で計算結果を確かめています。
また、建築基準法37条に定められたJIS建築材料または認定材料で構成し、建築工事標準仕様書:JASS6に従って工場生産と建築工事を行います。

 標準仕様

 ・鋼管柱             BCR295
 ・連結PL            SN490B
 ・高力ボルト       S14T(国土交通省大臣認定)

継手の概要

クロス継手

試験評価

角形鋼管柱試験

弾性域の剛性・降伏強度について、構造計算
に用いる規格値以上の試験結果になりました。


弾性域での評価する柱継手として使用できます。
また、弾性域以降も耐力上昇しているので安全な継手といえます。

お問い合わせ

構法開発 株式会社

〒130-0013
東京都墨田区錦糸
1丁目10番18-403号
お問い合わせはこちら

モバイルサイト

構法開発株式会社スマホサイトQRコード

構法開発株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!