山留めH形鋼継手

HOME ≫ 山留めH形鋼継手 ≫

山留めH形鋼の継手

SMWやTRD工法における山留めH形鋼の従来の継手は、フランジとウエッブに添板を介してボルト接合する方法であるため、フランジ側に接合用の突起による課題(埋設挿入性、掘削時の手掘など)がありました。
フランジに突起がないフラット継手により、課題を解決するとともに接合作業が短縮されて短工期・コスト削減になります。

標準仕様

山留めH形鋼のサイズと接合ボルト指定に対して、2種類のフラット継手を用意しており、継手部に必要な性能(曲げ、剪断、軸力)に応じた継手を設計します。
山留めH形鋼の継手比較絵

フラット継手C
(高力ボルト摩擦接合)
 細幅H形鋼に対応



フラット差込継手
(高強度ボルト剪断接合)
 細幅~中幅~広幅H形鋼に対応

差込継手の概要

接合するH形鋼のフランジ内側に伝達PLおよび伝達PLをそれぞれ溶接して搬送し、施工現場で差し込んで、合芯ボルトで4面剪断接合して応力を伝達します。
山留めパース
  期待される効果
  ・添板の取付作業が無く、ボルトの本数が減るので時間短縮できる。
  ・材工コストが削減できる。
  ・フランジに突起が無いので、SMW径が小さく継手部の挿入も容易になる。
  ・フランジに突起が無いので、掘削時に機械掘りできる。
お問い合わせ

構法開発 株式会社

〒130-0013
東京都墨田区錦糸
1丁目10番18-403号
お問い合わせはこちら

モバイルサイト

構法開発株式会社スマホサイトQRコード

構法開発株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!