見出し

HOME ≫

構法開発株式会社の役割

建築・土木建設構法を工業化することにより、生産性の向上をはかります。

 

「工業化」とは

建築・土木建設における現場作業を可能な限り工場施工に取り込むことで、工場環境による生産化率を上げます。
 

「生産性の向上」とは

建設物の品質・性能の安定、工期短縮、人手不足を解消することで、トータルコストを削減することです。
 

「トータルコスト」とは

開発スペックに対して、バランスのとれた構法開発の結果を集計したコストのことです。

 

「開発スペック」とは

構法を開発するとき、最もバランスをとらなければならない7つのスペックのことです。

ホームスペック図 L

主な開発構法


これまで開発してきた構法と概要および主な用途の紹介です。

ユーザー様からのご要望を含めたテーマ探索から、現状把握と課題を整理して構法の目標を設定し、発想・発案 → 構想開発 → 評価・改良を重ねており、一部の開発構法は既に実施して実績を積んでおります。


鉄骨構造

フラット接合

構造躯体から突起のない
ボルト接合

 フラット継手

・鉄骨造の梁継手
・鉄骨造の柱継手
・鋼管杭の継手
・山留め鋼材の継手

 

 フラット仕口

・鉄骨造の柱梁仕口
・鉄骨造の梁梁仕口

  合芯ボルト接合 

食違い孔を合わせる
剪断ボルト接合

・孔クリアランス極小

ボルトによる
リベット接合

・ズレのない剪断接合

RC構造

基礎精度向上 工業化部品取付け用
アンカー位置の高精度化
・水糸照準器

型枠工業化

  埋設型枠と鉄筋の一体化  

・布基礎の型枠システム
・高橋脚の型枠システム

   H形鋼主筋継手   

形鋼主筋から突起のない
全強ボルト接合  

・H形鋼主筋フラット継手

プレハブ化

 トンネル支保工 

山岳トンネル支保工を
プレハブ化する工法 

・支保工プレハブ接合
・支保工ユニット工法
 集合住宅建設 インフィルとスケルトンを
ユニット化する工業化工法
・GRU工法
・CPU工法

構法開発 株式会社

〒130-0013
東京都墨田区錦糸
1丁目10番18-403号
お問い合わせはこちら

モバイルサイト

構法開発株式会社スマホサイトQRコード

構法開発株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!